Focus on the Path

花と動物たちに近づけますように

闇の中の天使- シマフクロウ Part1 

世界でも、約1000羽。そのうち120羽ほどが、北海道にいます。
フクロウの中で最も大きい種の一つで・・・最も絶滅が心配されているフクロウ。
シマフクロウです。
鳥 シマフクロウ2

フクロウの中で、魚(サケなど)が主食の唯一のフクロウ。
河川の改修、森林伐採、主食を人間と競合した事・・・なんかが
激減の理由だそうです。かつては、北海道じゅうにいたそうですけど
やっぱり人間の開発が主原因なのかな。悲しいですね。
鳥 シマフクロウ4
こちらのポイントに現れるシマフクロウは、お父さん、お母さん、長男、次男の4人家族。
今回の3枚は、去年生まれの長男1歳。今年生まれの次男は、まだ自分じゃ食べられず、親に
魚を取ってもらってるそうですよ。
で、毎日、長男がたらふく食べた後で、お父さんやお母さんが現れるそうですが
撮った日は、暴風、吹雪w 4時間ほどの撮影で、長男だけが、3回現れてくれました。
鳥 シマフクロウ3
撮影エピソードなど、Part2に続きます。
EOS7D EF400mm F5.6L USM (北海道知床半島)
スポンサーサイト
thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

コメント

お~ これまた貴重な野鳥ですね。
ん? 足輪? それともデザイン?
それにしても世界で1000羽ってのは相当少ないな~
人は人が生きていきやすいように土地を変えちゃうからな~
野生動物の共存ってのは基本的に無理なんでしょうかね。
寂しい事です。

ナイス兄貴 #cMnBD31A | URL | 2012/12/24 20:12 * edit *

ナイス兄貴さんへ

シマフクロウは1971年に日本の天然記念物に指定されていて
日本の環境省リストでも、IUCNの国際レッドリストでも
絶滅危惧種だから、相当数は少ないみたいです。
もともと生まれる個体も少ないし、自立に2年以上もかかるから、尚更なんでしょうね。
環境省も平成5年から、特に保護に乗り出していて、幼鳥は個体区別に足環されてるみたいですね。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/feature/hokkaido1317870788891_02/news/20120615-OYT8T00280.htm
ちなみに、ここの家族の中で、母フクロウだけは足輪をしてないそうですよ。

このフクロウ、羽広げると180cmくらいあるの。近くで見ると、とっても大きかったですよ^^

pattan #YH9wa2gA | URL | 2012/12/24 20:59 * edit *

こんばんは(^^
ラストはシマフクロウでしたか!
これは大変に貴重な鳥に会えましたね(^^
写真を拝見して、かなり感動しております!

生物環境って、天候の急激な変化や、ウィルスなどの蔓延以外では
やはり人間が一番影響してるんですよね。
悲しいです。。。
例えばリンク先のように人の手で、何とか個体数が増えていっても
野生下では、それを受け入れる自然面積が無いと、やはり生きて
いけませんし、動物保護、自然保護、開発等の制限など、一側面
だけでなく、あらゆる面での保護が必要ですよね。

少し前に見てたアムールトラの番組があったのですが、人間の
手で僅かづつでも個体数が増えてきたのは良いんですが、棲める
自然が限られてるので、今度はアムールヒョウのテリトリーにまで
広がり、双方に影響が出てる事が報告されてました。
悲しい事実ですねw

ですが、貴重な写真ですので、これも図鑑登録、お願いしま~す\(^o^)/

bluem #- | URL | 2012/12/24 21:21 * edit *

pattanさん

世界でも、約1000羽ですか
そんな貴重なシマフクロウを撮ることが出来て
本当に良かったじゃないですか

写真を見ているだけでも寒く感じるのに
その中に4時間もいたんですか!?
大変でしたね
でもこうしてとても貴重な姿を撮影できたのですから
その甲斐もありましたね
しかし悪条件のなかその表情までハッキリとよく写されていますよね!!!
寒さとそして環境を破壊する人間には負けないぞ!
って感じでその目つきもとても勇ましく見えます

変な質問かもしれませんが・・・
暗い中での撮影と思いますがフクロウには
光りが当たっているように見えるので
どのような状況なのか・・・・・
くだらないこと聞いてすみません・・・・・・


「聖なる夜に」も凄くいい雰囲気がでていますね
見ていてチョット羨ましかったりして・・・(笑
pattanさん ここで三脚で撮影されたんですか!?
僕より気合入っていますね(笑

>で、たくさんカップルを見て動揺したのか、

僕も以前晴海の方に夜景を撮りに行って沢山のカップの中
三脚を立てて撮影して同じような失敗をしたことがありますが・・・・・

PS.
pattanさんもツァイスに興味をお持ちでしたか!?
僕も1本持っていますがまだあまり使ってあげられていないので
いまのところはまだ「所有欲を満たすレンズ」でしかありません(泣

toshi #JalddpaA | URL | 2012/12/24 23:46 * edit *

キター!!!
これが出てくるとは予想してたけど、本当に来た!
pattanさん凄いですね~
相当な努力と忍耐が無いと撮れない写真だと想像します。

同じ場所に居続けるということは餌付けされていたりするのでしょうか?
それと、撮影にはストロボを使われてるのでしょうか?
その2点が気になりました。

Jerry #- | URL | 2012/12/25 17:26 * edit *

bluemさんへ

もともとフクロウ目的の旅でしたけど、行く前は
エゾフクロウとシマフクロウの違いすら、よくわかってなかったんですw
シマフクロウも、こんな風な絶滅危惧種だとは知らなくて
撮った後に調べて初めて知りました。
実物はかなり大きなフクロウで会えて感激しましたが、また
初めての「夜撮り」って事で、撮り方って意味でもすごく印象深かったのです。
Part2に書いてますので、見て下さいね~

bluemさんにも感動して頂いて、こちらも嬉しいです♪
行って良かったなあ^^

>何とか個体数が増えていっても野生下では
>それを受け入れる自然面積が無いと、やはり生きていけません

その通りなんですw リンク先にも書いてありますが、シマフクロウも結局
大きくなっても、生息できる川も森もないので、全然個体数も増えないそうです。
一度失われた自然を取り戻すには、また膨大な年月がかかるんでしょうね。

今年1年で図鑑登録数もずいぶん増えましたね。
ちょっとでも貢献できて、嬉しいな~

pattan #YH9wa2gA | URL | 2012/12/25 19:43 * edit *

toshiさんへ

今回の北海道遠征の1番の目的は、フクロウだったので
しっかり会えて嬉しかったです♪
とはいっても、こんな風に絶滅危惧種で、夜撮りをする種だとは
知らなくて、実際に撮る時になってあわてました^^;
4時半には真っ暗になって、5時から撮影なんですけど、そのおかげで
夕飯が3時スタート。とーっても美味しい北海道の海の幸を食べる時間が
ほんの少ししかなかったのが、とても心残りでした^^

撮り方については、Part2に書いたので見てくださいね♪
富士山撮りで、早朝夜間は慣れているだろうtoshiさんでも
(こんなに面倒な事して撮ってるんだ!)ってびっくりすると思う(笑)
こちらの場所は、ストロボ使用が数年前から禁止になっていて、川沿いの
細い道路に電柱が立っています。
シマフクロウが飛び込むところに、電柱の光が当たるようになってるから
しっかり写るのかな。

>pattanさん ここで三脚で撮影されたんですか!?
そうそう、周りから見ると変な人でしょ^^; イルミネーション、この場所は
夜11時までなのですけど、夜10時を過ぎると、ぐっと人も少なくなります。
あ、あと、クリスマスとその前5日は、避けましょう(笑)
三脚どころか、歩けないほどの大混雑なので^^;

ツァイスは、ずっと欲しいと思ってるんですけど
つい他の機材が優先になってしまって。
toshiさんはこっそりと、素晴らしいクリスマスプレゼントが
来ましたね!おめでとうございます♪

pattan #YH9wa2gA | URL | 2012/12/25 20:01 * edit *

Jerryさんへ

Jerryさん、シマフクロウ予想してたんですね!
見事的中♪ パチパチパチ~^^
私、北海道に行く前は、シマフクロウとエゾフクロウの違いも
良くわかってなかったんですよ。こんな風な夜撮りだとは知らず
あたふたしてしまいましたw
どうやって撮ったかは、Part2に詳しく書いておきましたので
見てくださいね。

シマフクロウは、北海道で120から130羽ほどしかいなくて、もう人の手を
加えないと絶滅は時間の問題なので、住んでいる場所は、ほぼ全て
把握されてるようです。で、自然の川に、石で池のようなところを作り
そこに毎日魚を提供してるようですね。なので「野生だけど餌付けされてる」
みたいな状態です。

あと、このポイントは、ストロボ使用は数年前から禁止になっています。
川沿いの細い道に電柱が立っていて、その街灯の明かりで撮りましたよ。

pattan #YH9wa2gA | URL | 2012/12/25 20:11 * edit *

コメントの投稿

Secret